教会について

 ふじみ野バプテスト教会は、バプテスト派というグループに属するプロテスタントのキリスト教会です。信仰の源流はイギリスですが、ピューリタン(新教徒)と共にアメリカに渡り,アメリカ南部バプテスト連盟となりました。明治期にこのアメリカ南部バプテスト連盟より宣教師が派遣され日本各地にバプテスト教会が生まれました。

 現在、北海道から沖縄までの各地に約320の教会・伝道所があります。1947年4月に日本バプテスト連盟が結成して以来、各地でさまざまな教会の働きがなされています。また教会の活動と共に、キリスト教信仰に基づいたバプテストの学校として、北九州に「西南女学院」・福岡に「西南学院」があります。

 ふじみ野バプテスト教会は、同じ東武東上線沿線にある「赤塚バプテスト教会」と「常盤台バプテスト教会」のメンバーによって、1997年4月に活動を開催し、1999年に現在地に教会堂が建てられました。2017年、教会開設20周年を迎えました。


2020年度 宣教主題 

   

主題 

キリストの体なる教会の働き人として

喜びと希望をもち、共に新しい歌を歌おう

 

主題聖句   

詩編 96篇1~3節

 

「新しい歌を主に向かって歌え。全地よ、主に向かって歌え。主に向かって歌い、御名をたたえよ。日から日へ、御救いの良い知らせを告げよ。国々に主の栄光を語り伝えよ。諸国の民にその驚くべき御業を